3番組同時録画DMR-BZT600衝動買い!

先日ふら~とエディオンへ行ったら、3番組同時録画、レベルアップしたアニメモードなどのうたい文句に引かれてDMR-BZT600を69800円で衝動買い!

昨年末に買ったKDL-40EX500は3Dに対応していないけど、レコーダーは3Dブルーレイも奥行き調整までついて対応だ!

エディオンの優待券は使い切っちゃったので、まんま買い。
表示価格より2割ほど値切って買ったけど、GWに入ってかなり値下がりしてあんまり安く無くなっちゃったなぁ。

まだ全機能使い切れてないけど、今までメインだったDMR-EX350と比べた良い/悪い点などは、

★良い点
 ・録画中の録画済み他映像の削除が可能
 ・DR映像の編集でもコマ戻しが可能
 ・CM位置を精度良く認識して保存されているので、スキップで簡単に飛ばせて楽
 ・起動が早い
 などなど

★悪い点
 ・3番組同時録画可能な録画モードが限定される
  LPで3番組とかは不可能。DVD画質にする場合は、少なくとも2番組はDRモードで録画しないとダメ。
  DRだと500GBでたった45時間しかとれないし、こんな制約ある3番組同時録画ならパンフに大きく書いておけよ!
 ・HDMIでつなぐとDVD画質のものはブロックノイズが目立つ
  コンポジットの方が色が悪くなるけど、適度にぼやけていい感じ。
  TV側でシャープネスやらノイズ除去やらいじったけど、HDMI接続はブルーレイ録画前提のようでDVD解像度はうまく補正できなかった。
 ・1.3倍速再生中、CMなどを飛ばすためにスキップすると、1.3倍速再生が解除される
 ・リモコン(操作)が非常に使いにくい!
  例えば、
   a.番組検索時の次画面への切り替えは、黄色ボタン
   b.予約一覧の次画面への切り替えは、赤色ボタン
   c.録画一覧のの次画面への切り替えは、スキップボタン
  などと同じ動作なのに使用ボタンをわざわざ変えてたり、矢印と決定の選択ボタンを押せる位置でリモコンを握ると再生や早送りなどのボタンに指が届かない配置など、コレ設計がおかしいだろ!
  DMR-EX350のマルチジョグが使いやすかったこともあり、ボタンを何回も押しての選択もイヤ!
 などなど

  天下の松下君、どうしちゃったの???

★結論
 機能を直感で使えない設計、構造、手順複雑なこともあり、お年寄りにはお勧めできない製品です。

画像は、上:DMR-BZT600 下:DMR-EX350

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック